会社から電話が転送①

会社から電話が転送①

電話代行の話で、会社へ電話をかけると電話代行である電話代行会社あるいは個人の電話に転送される場合で説明します。このような電話転送型サービスは1990年後半から行われ、電話番号から所在地が東京と思われていても、実は北海道であったり、あるいは四国であったりすることにもなります。
つまり、電話をかけるお客様から実際はどこの人と話しているのかというのは、分からないのです。つまり、中国やブラジルなどの海外に住んでいるいる方と話している場合もあるのです。

このように、会社から電話が転送されて電話代行をしていく場合は、どこにいる人なのか分からないという面があります。
さらに、電話代行サービスの会社では、先述した会社から電話が転送されたと思われないようなシステムでサービスを行っております。このように考えますと、電話対応などの事務員を抱えると人件費がかかりますが、電話代行を利用することにより人件費も抑えられるのです。

さらに、気が利くだけではなくて電話対応の研修などを実践している電話代行会社もお薦めですし、個人との契約で信頼できる人などがお薦めかもしれないです。いずれにしても、面接や電話対応を確認してから依頼すべきです。

電話代行について

電話代行について

電話代行とは、会社では電話対応がありますが、その電話対応を外部に頼み、電話対応をしてくれるサービスのことです。
今ではネットを通じて無料で電話が出来る時代にもなり日本の会社でありながら、電話対応は海外で対応している会社も見られます。こんな電話代行サービスも昭和40年代には行われています。
今回は、電話代行サービスの仕組みについて説明します。

さて、電話代行といいましても、秘書代行や秘書電話代行とも呼ばれてきました。秘書代行の言葉から推測できますようにスケジュール管理なども行い、単に電話ではなくて、マネージャーの役割を担う重責がかかる場合もあります。当然、スケジュールが重なった場合は調整が必要です。その他、お叱りの電話、苦情、言いがかりなども考えられます。
そこで、様々な人の気持ちを見極めなくてはならないですし、考えすぎないことも大事なのです。さらに、電話が掛かってくることに対し対応するだけではなくて、自らが電話を掛ける業務もあるのです。

このようにたかが電話の対応と思うかもしれませんが、外国語の対応であったり特殊な言語対応もありサービスも多様化しております。つまり、専門性と求められているものが一致するとキャリアアップにもつながります。
さて、電話の声で救われたことはあるはずです。何か心を包んでくれるような電話での対話は、気分を爽やかにしてくれます。たかが、電話代行と考える方もいるかもしれませんが、しかし、その会社の看板でもある重要な仕事なのです。さらに、詳しく電話代行について説明していきます。